2013年01月28日

その67:HP t5740wi PART4 ストレージ増設への挑戦! 完結編

t5740wi_22 またもや更新が滞ってしまい、申し訳ありません。

ずいぶんと間が空いてしまったが、t5740wiの続きである。前回はストレージの増設に挑戦しはじめたところまで書いた。今回はその完結編だ。

用意したブツはPCIまたはPCI Expressスロットを増設する拡張モジュール、2台の2.5インチHDD / SSDを載せられるPCIeカードFG-EST06B-1AR-BC01、PCIスロット用HDD固定マウンタIPA-352、そしてSATAの電源一体型延長ケーブルだ(詳細は前回参照)。

これらを使えばストレージ増設なんて簡単!・・・って思っていたのだが、世の中そんなに甘くなかった


注:こちらは続編になります。前回の投稿を先に見てね!!






t5740wi_22 まず最初に手にしたのは、赤いエンクロージャが目立つFG-EST06B-1AR-BC01。コイツにHDDかSSDを載せればマザボ上からSATAケーブルを引き回す必要もないし、簡単に増設できる・・・と思ったが浅はかだった。

物理的に挿さらない
理由は簡単で、拡張モジュールで増設できる拡張スロットは一基のみ。FG-EST06B-1AR-BC01はエンクロージャがかなり厚く、拡張スロット二基分の幅が必要だった。
写真だと分かり辛いが、エンクロージャがジャマになってしまい、PCI Expressスロットに挿せない。2台増設できるという欲張り仕様がアダとなった。


しょうがないので、HDDはマウンタIPA-352に固定して、SATAケーブルをマザボから引っ張ってくる方針に変更。適当な3.5インチHDDをIPA-352に固定して拡張モジュールに取り付ける。

t5740wi_23 が、またもやスロットに挿さらない
どこかHDDと拡張モジュールの筐体が物理的に干渉しているようだ。
よくよくみると、写真の赤いマルで囲んだところが干渉している。この出っ張りがHDDとぶつかっている。しかも写真には写っていないが、この出っ張りは4箇所もある。どうやらt5740wiを液晶ディスプレイの背面に背負わせる際に用いる部品のようだ。
また、この出っ張りは拡張モジュールの筐体と一体化しており、取り外しは不可能。

この出っ張り、拡張スロットに通常のカードを挿したぐらいでは干渉しない程度の高さだ。だが、IPA-352の商品紹介ページをよく読んでみると、「隣接するPCIスロットに干渉する場合があります。」と書いてある。3.5インチHDDの厚さでは、拡張スロット一基分に収まらないらしい・・・。

t5740wi_24 しかし諦めるのは、まだ早いッ!
世の中には「ちょっと薄い」3.5インチHDDが存在する。右が通常のHDDで、左がその「ちょっと薄い」HDDだ。おおよそ5mmぐらい違いがある。
コイツを使ってみたところ・・・見事、収まった!

今回は手持ちに薄いHDDが40GByteのモノしかなかったが、500GByteクラスも存在するようだ。 ←ちょっと古い情報なので、最近では1TByteのモノもあるかも。

t5740wi_25 t5740wi_26

後はマザボとSATA延長ケーブルを接続して、本体と拡張モジュールをくっつければOK。

t5740wi_28 本来は本体側に側板(写真右側の板)をつけた状態で拡張モジュールを接続するのだが、SATAケーブルがあるため側板はつけられない。


t5740wi_27 これだと本体と拡張モジュールがすぐ外れてしまうが、上面のパネルと下面の台座をつければ一応固定される。ちょいと不安定だが、地震とか起こらない限り大丈夫だろう。


t5740wi_29 ということで、何とか3.5インチHDDを収めることもできた。
拡張モジュールをつけると、ずいぶん分厚くなったように感じる。右側の筐体はAcerPower1000という小型PCだが、ほとんど同じぐらいのサイズになってしまった。奥行きはむしろt5740wiのほうが長いかも?
また、AcerPower1000は光学ドライブ付だが、今回のt5740wiは無し。代わりに拡張スロットがあるがHDDで埋まっている。
う〜ん、CPU性能とか考えると、かなり微妙だな・・・。

まぁそれはともかく、さっそく動作確認してみよう。

・・
・・・

HDDがまったく認識されん!

なぜだッ!?
まずアヤしいのがケーブル。筐体が狭いため、マザボ側のケーブルの根元を思いっきり曲げている。これが原因か? だが、他のPCでこのケーブルを(延長ケーブルとして)使ってみると、問題なく認識される。
じゃあHDDか? かなり古いHDDなので壊れている可能性がある・・・が、これも他のPCでは正常に使えた。

となると相性か? 手持ちのHDDを何台か試してみると・・・認識されるHDDと認識されないHDDがある。これかッ!?

・・
・・・
何台か試した結果、相性ではなく明確に違いが分かった。単純に、2.5インチHDDのみ認識される
推測するに、マザボのコネクタから+12Vが出力されていないと思われる。通常2.5インチHDDは+12Vを必要としないが、3.5インチではまず間違いなく必要。

・・・ぬぅ。
わざわざ3.5インチHDDが載るマウンタを買ったのに! わざわざ薄い3.5インチHDDを探したのに!(泣)

t5740wi_30 嘆いていてもしょうがない。
しょうがないので3.5インチ → 2.5インチ変換マウンタを用いて、2.5インチHDDを載せることにした。


t5740wi_31 当然のように無事認識。まったく問題なく利用可能だ。
ただしHDD等を増設する場合、2GByteのフラッシュROMは外しておいたほうがいいみたい。フラッシュROMの方が優先起動デバイスになるみたいで、OSインストールにつまづくかもしれない。




ということで、何とかHDDを搭載することができた。
こうなると通常のPCと同じで、WindowsXPはもちろん、Windows 7のように大きな容量が必要なOSでも利用可能だ。

とはいえ、わざわざ拡張モジュールを購入した上、拡張スロット用HDDマウンタを用意したり、あまり見かけないSATA延長ケーブルが必要だったりと、コストパフォーマンスは最悪。まぁ、事前にもっと調べておけば、出費の半分は抑えられた気がするが。

t5740wi_32 t5740wi_33

t5740wi_34 ということで、代替案を考えてみた。
一番お手軽なのは、2GByteのフラッシュROMの代わりにCFカードを用いた似非SSDを搭載すること。

2.5インチ用パラレルATAケーブルの入手が難しいところだが、古いJUNKノートPCに入っていることもある。当方はどこで手に入れたか忘れたが、ちょうどいいケーブルがあったので流用できた。

別にCFカード似非SSDでなくても、パラレルATAの2.5インチHDD / SSDでもよいのだが、サイズが大きいので固定が面倒かも。

t5740wi_35 似非SSDならサイズが小さいのでそのへんの心配は要らないし、がんばれば筐体内に収めることも可能だ。

絶縁は行う必要があるが、非電導なもの・・・たとえば紙とかで包んでも大丈夫だろう。
当方ではクッキングペーパーとかで包んで試してみたが、短期間なら問題なかった。長期になると空気中の水分を吸ってショートする可能性もあるので、あんまりお勧めしないが。




ということでストレージ増設により、「普通のPC」並みになったt5740wi。
WindowsXPやWindows 7をインストールしてみたが、普通に利用できる。メモリも4GByteまで使えるので、意外とストレス無い。
ただ、所詮はシングルコアのAtomなので、最近のPCと比べると遅さを感じる。Flash多様の重いWebページやネット動画なんかは力不足だ。

動画?
そういえばコイツにはMobile Intel GL40 Expressという、Atomには珍しいチップセットが載っていた。確かこのチップセット内蔵グラフィックは動画再生支援があったはず
非力なAtomでも、動画再生支援があればHD動画もマトモに再生できるかもしれない。ということで、ちょっと調べてみた。


・・
・・・
結論から言うと、Vista以降なら動画再生支援を使えるようだ。
ドライバが原因か、WindowsXPだと有効にならないみたい。実際にWindowsXPとWindows 7で試してみたが、Windows 7ではDXVAが効くことは確認できたが、XPではどーやってもダメだった。
Inspiron Mini 12を思い出してIEGDに手を出したけど、GL40では動画再生支援に対応していないみたい。

XPで動画再生支援が効くと利用価値が大きいのだが・・・残念。




ということで、t5740wiについてはこれでお終い。

モノ自体もなかなか面白かったが、個人的に最も気に入ったのは、これをきっかけに知ったWindows Embedded Standard 2009 (wes2009)。こんな面白いオモチャ(笑)があるとは知らなかった。
実はこのBlogの更新が滞っていたのも、wes2009をイジってたのが理由のひとつだったりする。

今回のt5740wiでwes2009をあまり取り上げなかったのは、これ単体でネタになるから。必要なモジュールを組み合わせて、nLiteもびっくりなくらいカスタマイズしまくることができる
そのうち別途取り上げてみたい。ちなみに登録すれば誰でも試用評価版を利用できる。







今日の格言:

OSカスタマイズを「面白い」と感じる事自体、普通じゃないのでは?



Datniodeath's JUNK Labo トップページに戻る
posted by datniodeath at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 67:HP t5740wi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。